金沢大学工学部 土木建設工学科
トップページ受験生の皆様在学生の皆様保護者の皆様企業の皆様English
学科紹介
教育理念
アドミッション・ポリシー
学科HP TOPへ

工学部ホームページ
金沢大学ホームページ
研土会
北陸道路研究会
金沢工業会

土木建設工学科では,以下のような教育理念と教育目標に基づいて将来を担うエンジニアの育成を行っています.

教育理念

 基礎学力と専門学識を身に付け,地域における歴史,文化,自然と調和した社会基盤整備の重要性と責任を自覚するとともに,創意工夫をしながら土木建設工学を応用し,人間生活の向上に関わるあらゆる場所でその能力を遺憾なく発揮できる資質と積極性を有する人材を育成することを目的とする。

学習・教育目標

  1. 発展と調和への志向力
    多角的な思考力,分析力を身につけ,それを応用,統合して,人類の発展と福祉や地球環境との調和に貢献できる能力を習得する.
  2. 技術者倫理
    土木建設工学の持つ社会的影響力の重要性と土木技術者の社会的責任を理解・自覚し,自らの成長に向けて継続的に学習し続ける能力を身に付ける.
  3. 総合基礎学力
    土木建設工学に関連する自然科学,人文社会科学の主要科目に関して基礎を確実に習得し,土木技術者としての総合的な基盤を形成する能力を身に付ける.
  4. 専門基礎学力
    構造力学,土木材料学,水理学,地盤工学,計画学および環境工学の基礎知識を身に付け,土木建設構造物や関連するシステムを計画,設計,施工,維持管理,評価する上で必要な専門知識を習得する.
  5. 実際問題への応用能力
    実験・実習科目を通して,理論と実現象の関係を把握し,対象への理解を深めるとともに,実際問題に応用できる能力を身に付ける.
  6. 最新工学ツール
    実践に必要な機器操作技術や情報処理技術など最新の工学ツールを使いこなす能力を習得する.
  7. 専門的創造力
    専門基礎科目,実践基礎科目,専門個別科目および専門総合科目の習得を通して,社会に役立つシステムを設計・計画する創造的な能力と意欲を獲得する.
  8. 協調性と指導力
    自己の考えを論理的,客観的にまとめ記述・説明し,効果的な議論や組織的行動を進めるとともに,異なる専門分野,異なる国の人と共同で仕事のできる協調性と指導力を身に付ける.
  9. 生涯学習能力
    社会の要請,変化に柔軟に対応して自主的,継続的に学習できる能力を身に付ける.
  10. 計画的実務遂行能力
    自然的および社会・経済的制約条件の下で問題を解決し,計画的に仕事を進める能力を身に付ける.
  11. 歴史・伝統・環境を生かす実践能力
    歴史と伝統および環境に配慮した社会基盤整備を目指す土木技術を創造・実現する能力を身に付ける.