地質学研究室(金沢大学日本海域環境研究センター)

 

北陸地方における後期新生代地質構造発達史ならびに堆積盆発達史

 北陸地方には貝化石の多産で著名な大桑層など我が国日本海側を代表する上部新生界の分布が知られる.代表的背弧海盆である日本海の形成過程が世界的に注目されるなか,これらの地層群は拡大中あるいは拡大後の日本海ならびに周辺陸域の環境変遷史や地質構造発達史を解明するうえで重要な存在でありその層序や地質構造などの再検討は急務といえる.また,防災や開発の視点からも同地域での実用的な地質図の完備が望まれている.そこで精密な地質調査による高精度地質図の作成を北陸地方一円で展開し,これにもとづいて北陸地方の後期新生代地質構造発達史を解明するとともに応用地質学あるいは土木工学など関連分野への寄与を目指す.

小松

能登

ページのトップへ