建設防災工学研究室

建設防災工学研究室とは

地震被害調査にもとづいた都市防災の先駆的研究

本研究室では主に地震災害,雪災害などの都市防災に関する研究を行っている。具体的な研究テーマは以下のようである.

液状化地盤の流動に関する研究

 地盤が液状化すると数メートルにもわたり地盤が流動し,建物や地中構造物に甚大な被害を及ぼすことが知られている。そこで,振動台(地震を発生させる装置)を用いた模型実験により,液状化地盤の流動のメカニズムを明らかにするとともに,流動する地盤が地中構造物に及ぼす作用力について検討している。さらに,水道管などのライフライン系の地震時挙動に関する研究を行うとともに,電算機シミュレーションより,被害軽減のための対策工法を提案している。

台湾集集地震における現地被害調査


台湾集集地震における現地被害調査

 地盤破壊モニタリングに関する研究全国に設置されている多くの強震計を利用して,液状化の有無および液状化による地盤流動,あるいは断層運動に伴う地盤変位を検知するセンサーの開発に関する研究を行っている.

地震動の地盤増幅特性と回転地震動に関する研究

 1995年兵庫県南部地震のような都市直下地震は構造物に大きなダメージを与える。一般に地震動は地表近くの影響を強く受けることから,表層地盤の地震動の増幅特性について研究を行っている。さらに,地震動の回転成分について,振動台を用いた模型実験と数値シミュレーションにより検討している。

ページのトップへ