水工学研究室

水工学研究室とは

本研究室では、水や空気などの力学的挙動に関する基礎的な研究、河川流や海岸波浪などに関する工学的な研究を行い、さらに海、川、湖沼の環境保全を目的とした研究へと発展させています.

海岸波浪、海底地盤、海洋構造物に関する研究

 (1)海岸、港湾、河口域に波浪や津波が伝播する際の波の変形現象を予測する数値モデルの開発、(2)波の作用により変形する海底地盤の挙動や海底地滑りによる波の発生などをシミュレーションしています。また、(3)橋脚、人工リーフ、超大型浮体(メガフロート)などが受ける波の力やその周辺で生じる渦流や海底侵食などに関する実験や数値解析(図1、図2)を行っています。

図1 人工リーフ上の波の変形実験

図2 橋脚周りの渦流のシミュレーション

海、川、湖沼の環境保全に関する研究

 (1)海洋に流出した重油を高圧ジェット水を利用して効率良く回収する装置や(2)高波浪に耐えるオイルフェンスの開発研究を行っています。また、(3) クリーンエネルギー開発と水質改善を目的とした水車システムの開発(図3)、(4)海中工事の際に問題となっている汚濁水の拡散を防止するエアバブルカーテンに関する研究を行っています。さらに、(5)河川、湖沼・ダム貯水池の水管理に有用な湖流・水質予測モデルの開発、改善を行い、種々の水質改善技術や汚濁防止対策を検討しています(図4).

図3 現地計測用の河川流水車

図4 手取川での流れ・水質計測の風景

ページのトップへ