学類紹介

学類長挨拶

髙山 純一 教授(環境デザイン学類長)

 東日本大震災以降、特に安全で安心できる社会の構築が重要な課題となっています。そして、これまで以上に社会基盤(例えば、橋・トンネル・道路ネットワーク、鉄道、空港、港湾、通信ネットワーク、上下水道・ガス・電気などのライフライン)の整備や治山・治水の推進など、レジリエンス(強くてしなやかな:強靱)な国を創ることが求められています。環境デザイン学類では、社会基盤を整備するための「調査・計画」、「設計デザイン」、「建設工事」など、地域開発や建設工事の技術とそれらを長く維持管理、運営する技術を学ぶことができます。もちろん、住宅環境のような生活空間の創造から地球環境の保全、また地域防災研究に至るまで、地域に残るスケールの大きな学問を学ぶことができます。みんなと一緒に、学んでみませんか。
 環境デザイン学類は、社会基盤の整備や環境保全、防災研究のように、社会に直接貢献できる学問分野です。将来、社会で求められるものは何なのか、現状を見つめ、未来について考え、魅力的な地域づくりと地球環境保全のために、一緒に学び、一緒に考えましょう。

ページのトップへ