学域紹介数物科学類物質化学類機械工学類電子情報学類環境デザイン学類自然システム学類
金沢大学 >理工学域>環境デザイン学類>学類紹介>アドミッションポリシー

学類紹介

アドミッションポリシー

アドミッションポリシー(一般入学者受入方針)

 私たちの生活には,地球環境から生活環境までの安全・安心な環境や豊かな暮らしを支える道路・橋梁・堤防などの社会基盤が不可欠です。環境デザイン学類では,地球環境だけでなく,生活環境や社会基盤の整備などを含めた広い意味で(私たちの暮らしのための)「環境」というものを捉え,「環境」について総合的・実践的に教育・研究を行います。
 環境デザイン学類には土木建設,環境・防災及び都市デザインの3つのコースがあります。各コースへの所属は3年進級時に本人の希望,学業成績等を考慮のうえ決定します。

求める人材

 求める人材は,地球環境から生活環境までの様々な自然・人間・社会環境に対する調査や分析と共に,それらに配慮した国土創造,安全・安心な社会基盤や都市のデザインに興味があり,かつ,次のような特性を有する,意欲ある人です。


選抜の基本方針(一般入試)

基礎学力に加え,前期日程では本学類にとって基本的科目である数学,理科及び英語の学力,後期での面接試問では表現力,勉学意欲,適性等を重視します.

選抜の基本方針(帰国子女入試)

本学類にとって基本的科目である数学,理科及び英語の学力を評価します.

選抜の基本方針(私費外国人留学生入試)

英語の学力に加えて,日本語の読解・筆記能力,基礎学力を重視するとともに,面接により,勉学意欲,日本語によるコミュニケーション能力等を評価します.

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

高等学校で履修した科目(大学入試センター試験で課している科目)について,しっかり理解しておくこと.本学類の科目を着実に習得するには,特に数学,物理,化学及び英語について十分な学習が望まれます.また,総合的な学力を身に付けるために,理系のみならず,人文社会系科目の学習も勧めます.




編入学生のアドミッションポリシー

 私たちの生活には,地球環境から生活環境までの安全・安心な環境や豊かな暮らしを支える道路・橋梁・堤防などの社会基盤が不可欠です。環境デザイン学類では,地球環境だけでなく,生活環境や社会基盤の整備などを含めた広い意味で(私たちの暮らしのための)「環境」というものを捉え,「環境」について総合的・実践的に教育・研究を行います。
 環境デザイン学類には土木建設,環境・防災及び都市デザインの3つのコースがあります。

求める人材

 求める人材は,地球環境から生活環境までの様々な自然・人間・社会環境に対する調査や分析と共に,それらに配慮した国土創造,安全・安心な社会基盤や都市のデザインに興味があり,かつ,次のような特性を有する,意欲ある人です。


選抜の基本方針

本学類にとって基本的科目である数学,英語の学力に加え,専門科目の学力を重視します.また,面接試問では,表現力,勉学意欲,適性及びコミュニケーション能力等を重視します.

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

本学類の科目を着実に習得するには,特に数学,物理,化学及び英語について十分な学習が望まれます.また,総合的な学力を身に付けるために,理系のみならず,人文社会系科目の学習も勧めます.さらに,構造,水理,土質,計画,環境等の専門科目についての基礎・応用知識の習得が望まれます.




教育理念

教育理念

 基礎学力と専門学識を身に付け,地域における歴史,文化,自然と調和した社会基盤整備の重要性と責任を自覚するとともに,創意工夫をしながら土木建設工学を応用し,人間生活の向上に関わるあらゆる場所でその能力を遺憾なく発揮できる資質と積極性を有する人材を育成することを目的とする。

学習・教育目標

学習・教育目標

  1. 発展と調和への志向力
    多角的な思考力,分析力を身につけ,それを応用,統合して,人類の発展と福祉や地球環境との調和に貢献できる能力を習得する.
  2. 技術者倫理
    土木建設工学の持つ社会的影響力の重要性と土木技術者の社会的責任を理解・自覚し,自らの成長に向けて継続的に学習し続ける能力を身に付ける.
  3. 総合基礎学力
    土木建設工学に関連する自然科学,人文社会科学の主要科目に関して基礎を確実に習得し,土木技術者としての総合的な基盤を形成する能力を身に付ける.
  4. 専門基礎学力
    構造力学,土木材料学,水理学,地盤工学,計画学および環境工学の基礎知識を身に付け,土木建設構造物や関連するシステムを計画,設計,施工,維持管理,評価する上で必要な専門知識を習得する.
  5. 実際問題への応用能力
    実験・実習科目を通して,理論と実現象の関係を把握し,対象への理解を深めるとともに,実際問題に応用できる能力を身に付ける.
  6. 最新工学ツール
    実践に必要な機器操作技術や情報処理技術など最新の工学ツールを使いこなす能力を習得する.
  7. 専門的創造力
    専門的科目の習得を通して,社会に役立つシステムを設計・計画する創造的な能力と意欲を獲得する.
  8. 協調性と指導力
    自己の考えを論理的,客観的にまとめ記述・説明し,効果的な議論や組織的行動を進めるとともに,異なる専門分野,異なる国の人と共同で仕事のできる協調性と指導力を身に付ける.
  9. 生涯学習能力
    社会の要請,変化に柔軟に対応して自主的,継続的に学習できる能力を身に付ける.
  10. 計画的実務遂行能力
    自然的および社会・経済的制約条件の下で問題を解決し,計画的に仕事を進める能力を身に付ける.
  11. 歴史・伝統・環境を生かす実践能力
    歴史と伝統および環境に配慮した社会基盤整備を目指す土木技術を創造・実現する能力を身に付ける.
ページのトップへ