金沢大学工学部 土木建設工学科
トップページ受験生の皆様在学生の皆様保護者の皆様企業の皆様English
学科紹介
教育理念
アドミッション・ポリシー

工学部ホームページ
金沢大学ホームページ
研土会
北陸道路研究会
金沢工業会
 私たちの生活は,社会資本によって成り立っています。社会資本とは,社会の基盤となるもので,具体的には道路,橋,トンネル,鉄道,ダム,港湾,河川堤防,上下水道,環境施設などがそれにあたります。
 土木建設工学科は,これらの社会資本を対象とし,災害から人間とその生活を守る,人間の生活と活動を便利にする,地球環境問題などの社会のニーズに応えることを目的とし,日々教育と研究に取り組んでいます。
 スケールが大きく社会性の高い構造物を対象とするため,自然科学だけではなく,人文・社会科学とも密接に関わっています。そこで,学内外の優れた技術者との交流を通して,土木建設技術者としての社会的責任について意識を高めるとともに,自らの成長に向けて主体的に行動をしていけるように生涯学習意欲を向上させるための教育を行っています。
 特に,自主的・主体的な学習,議論や技術的コミュニケーションの体験を通じて,自己の考えを理論的,客観的に伝達し,効果的な議論や組織的な行動を進める能力を育成することに教育の重点が置かれています。
 卒業後,所定の経験を積み重ねれば,技術士,測量士,土木施工管理技師,建築士などの資格を取ることができます。
 土木建設工学科は,環境に配慮した資源循環型社会に対応した社会資本の整備,保全,向上を担う土木建設技術者を育てる学科です。